14代中里太郎右衛門展(富山大和)

先生の展覧会が今日より、富山大和5Fアートサロンにおいて
25日(火曜)まで開催されます。先生は土曜、日曜と在廊されます。古唐津から現代の唐津を考えて作陶されておられます先生の作品を是非、御体験くださいませ。
b0231845_00242772.jpg

[PR]
# by karesusukinokama | 2017-04-19 00:17

遅くなりましたが、御礼。

かなくれ食堂と

今を継ぐ 越中瀬戸焼 かなくれ会 陶展(柿傳ギャラリー)

の御礼を申し上げます。

どれだけ、遅いのかという話ですが。(汗)
3月中は寝ても覚めても仕事をしておりまして、
今になりました。。すみません。m(_ _)m
その仕事については改めて書こうと思います。


かなくれ食堂は、ANTさんの建築のお話を聞き、川端さんの焼菓子とflatコーヒーさんの焙煎された珈琲を飲み、私達かなくれ会のメンバーの一日の生活についてお話させて頂きました。
私の拙い司会以上に皆様楽しんで頂いたようで、本当にありがとうございました。ANTの皆様、川端さん、flatコーヒーの清田さん、お手伝い頂いた方、そして何よりも来て頂いたお客様に深く御礼申し上げます。
来年の2月あたりに、食堂はまた企画しておりますのでお楽しみに。

東京の柿傳ギャラリーさんでの かなくれ会陶展も
沢山の方にご来場いただき、誠にありがとうございました。
東京なのに、富山から来て下さった沢山の方。
泣きそうになるくらい嬉しかったです。
私達は本当に支えられて活動出来ています。
関東近辺からいつも富山のイベントに来てくださる方々。
ご来場下さった多くのお客様に心より御礼申し上げます。
また、かなくれ会は一つ成長出来たと思います。
本当に本当にありがとうございました。


越中瀬戸焼 かなくれ会 枯芒ノ窯 北村風巳




b0231845_00135086.jpg

b0231845_00152512.jpg

[PR]
# by karesusukinokama | 2017-04-18 23:53

今を継ぐ 越中瀬戸焼 かなくれ会 陶展 (東京)のお知らせ

「大人が気軽に道草を楽しめるギャラリー」として、新宿駅の 隣りで現代陶芸を展示・販売しておられる柿傳(かきでん)ギャラリーさんでの かなくれ会の展覧会のお知らせです。

越中瀬戸焼「かなくれ会」としては台湾以外での初めての県外での陶芸展です。関東近県の皆様、是非 ご指導ご鞭撻のほど
よろしくお願いいたします。
 
会期
平成29年2月22日(水)~ 2月28日(火)

開廊時間
午前11時~午後7時まで(最終日28日は午後5時まで) 
会期中無休

出品作家
釋永 由紀夫、加藤 総明、吉野 香岳、北村 風巳、釋永 陽

作家在廊日
22日(水):釋永 由紀夫、加藤 総明
23日(木):釋永 由紀夫、加藤 総明
24日(金):釋永 由紀夫、加藤 総明
25日(土):釋永 由紀夫、加藤 総明、北村 風巳、
吉野 香岳、釋永 陽
26日(日):釋永 由紀夫、加藤 総明、北村 風巳、
吉野 香岳、釋永 陽
27日(月):北村 風巳、吉野 香岳
28日(火):北村 風巳、吉野 香岳

b0231845_22134851.jpg






[PR]
# by karesusukinokama | 2017-02-08 22:03 | かなくれ会

かなくれ食堂 2/19

かなくれ食堂〜「かなくれ会」と「ANT」シンポジウム〜


開催日平成29年2月19日
(日)
開催時間13:30~16:00
費用1,000円

越中瀬戸焼「かなくれ会」の作家5名と「AnT」の建築家12名が 越中瀬戸焼の里で、田舎ぐらしの楽しみ方について熱く語る シンポジウムを行います。 参加者には「田園コーヒー」や「里山の焼き菓子」をご用意します。 お気軽にご参加ください。

※お電話での事前予約が必要です。※

陶農館HP: 陶農館 電話076-462-3939

 

b0231845_21534238.jpg

 

b0231845_21540541.jpg







[PR]
# by karesusukinokama | 2017-02-08 21:48 | かなくれ会

個性

先日、違う分野の先輩ではありますがお話をした時に

「個性」の話になりました。

先輩「個性とは人のやってない事を挑戦していく事によって

できていく」

尊敬する先輩ではありますので、聴く事に徹していました。

(私は小心者ですので基本言い返して争う事を避けます。)

私も個性とは何ぞや?とは10代の頃から考えていましたし、

思うところはあります。

先輩の言わんとする事は 「世の中に自分を認めさせる 」ために

は必要な一つだと思います。そして、その事によって経済を回

し、周りの方や関係者にある意味の恩返しをする事も。

けれども、「作家」というものを認められ、地位や名誉

が欲しいのであれば いろんな賞レースに出し現在認められてる

先生方の助言の元、作品作りをすれば良いと思います。

「自分の好きな物を認めさせるために賞を取って認められる。

最終的に自分のものが最高と言わせる。」

これが出来る人は尊敬します。きっと一企業に入っても役員ま

でなれると思います。

少し話が逸れたので戻します。

人のやっていない事をやる。= 今まで誰もしたことのない科学

的技術を使う作品作り。

だと思います。勿論、そこにはとても素晴らしい発想力や基礎

の積み重ねも必要です。そして何よりセンス。

もっともな意見だと思います。

それは個性だとは思いますが、みんなができる事ではありませ

ん。

作品の個性って、作品を作るその人自身な気がします。

その人が好きな曲線や色、触感や材料のこだわり、生きてきて

感じた事。

上に行きたい という気持ちの「上」が何処かという事ですよ

ね。

それが名誉とか地位とかお金じゃなくって自分が好きなモノ

をより好きなものに近づけていくという「上」もあると

思うのです。

新しいものでも自分が嫌いなもの作りたくないんですよね。

私、器が小さいので。

嫌いなもの作れる性格なら、違う事してます。苦笑











[PR]
# by karesusukinokama | 2017-01-29 21:15


北村 風巳 (キタムラ フミ)


by karesusukinokama

プロフィールを見る
画像一覧

枯芒ノ窯 (かれすすきのがま)

住所 富山県中新川郡
       立山町上末8-1
営業時間 AM10:00 ~
             PM4:00

定休日   毎週 火・水曜日
       (臨時定休有)

作業場にいるときは開けます。

TEL  076-462-7180
FAX  076-462-7181
mail
 karesusukinokama@nifty.com

画像の著作権は枯芒ノ窯です。無断での複写、2次使用はご遠慮ください。

カテゴリ

越中瀬戸焼
略歴
かなくれ会
作陶
作品
雑感

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

最新の記事

14代中里太郎右衛門展(富山..
at 2017-04-19 00:17
遅くなりましたが、御礼。
at 2017-04-18 23:53
今を継ぐ 越中瀬戸焼 かなく..
at 2017-02-08 22:03
かなくれ食堂 2/19
at 2017-02-08 21:48
個性
at 2017-01-29 21:15

ブログジャンル

北陸
陶芸

画像一覧